IT入門から1年2ヶ月…CTOになりました!

9月 21, 2017

おはようございます。

先日CTOになりましたのでそのことを書いていきます。

一昨日、昨日と更新できずにすいませんでした!

まだ多くのことは語れないため、自分のことを中心に執筆します。

CTOになるまでの経緯

自分が事業起こすきっかけにもなった方からお話をいただきました。

当初は自分の知識も経験も足りないだろうと、初めて機会に対して足が竦みました。しかし「会社と一緒に成長していけばいいです。」という言葉に背中を押されて参画を決意しました。

CTOになる悩み

もちろん悩みました。

先ほど書いたように「自分の実力が足りるのか」や他にも「組織のトップで無くなることに対する違和感」「人に指導する立場へのプレッシャー」などなど多くの悩みがありました。その多くは「機会に対する自分への自信のなさ」からくるものです。

ITに入門して1年2ヶ月で「実質CTO」という肩書きです。しかも今年は「師匠の元での業務」「合同会社さんと共同開発」で世界の広さに直面したばかりだったので当たり前の悩みでした。

CTOになる理由

いろんな要因がありますが、大きな要因が3つあります。

マーケティング

自分はもともと「ゲームプランナー」を目指していた流れで「IT」というものに行き着きました。その影響もあり「将来は、自分の好きに生み出したものを世に出していきながら、安定した生活」を目指しています。

その中で生み出したものを広めるのには、マーケティングというものが必要だと考えていました。しかし、セミナーや、情報を漁ってもマーケティングは何かわからないものでした。エンジニア向けの方々に例えるなら、「Git」「オブジェクト指向」みたいなもんです。やって初めてわかるようなもののような気がしました。

ディレクション

「自分の好きに生み出したものを世に出していきながら、安定した生活」の「安定した生活」のためには「自分がいなくても回る事業」を持つことも考えていました。そのためには分析と計画と型化と利益確保という事業の大元の知識が必要でした。しかし、これもマーケティングと同じくやってみないとわからないようなものの気がしていました。

世界

自分は毎週数人の方と会っていろんな話をしていただいています。自分の知らない世界の景色を覗くことは、刺激的で楽しく自分の今後のためにもなるものです。

そのため以前からメンバーにも「各自、師匠を見つけて欲しい。そのために多くの人に会って欲しい」と伝えてきました。それも今の自分が見せてあげられる情報や世界は、やはり自分が受けとったもので2次的なものです。それに言葉は「発する人がどんなことをしてどんな結果を残したか」で重みが全然変わってきます。

そのため、自分は能動的に動けるが、その自分からメンバーに見せれるものに限界を感じていました。

 

以上の3つのこと「マーケティング」「ディレクション」「世界」というところで、自分より知識、経験がある方と一緒に仕事をすること、その方の知り合いの方から話を聞くこと、一緒に仕事をすることは大きく僕らを成長させると思いました。

また、その方が「メンバー1人1人の成長を大きくサポートしてくれる」というところも参画の要因になりました。

最後に

合同会社なのでCTOと呼んでいいのかは微妙ですが、「IT関連の最高責任者」という立場になりました。

成長率を評価された結果だと自覚もしているので、これからも「技術力」「マーケティング」という二本の柱を身につけるべく多くの環境で学び、多くに挑戦したいと思っています。

早速設立日に、いろんな方と話をしてこれからの計画が見えてきたのでより鮮明にして取り組んでいきたいと思っています。

また、進捗がありましたら執筆していきますので、これからもよろしくお願い致します。

それでは!また明日!

スポンサーリンク