黒歴史?過去に書いたコードを振り返る。

9月 21, 2017

こんばんは。

ブログ開設から3日目にして、ようやくIT関連です。が、仕事に開発にと忙しくブログに時間があまり割けないので今回は自分がITを始めて3ヶ月目くらいの時に書いたコードを見てみます。

以下が当時書いたコードです。

ターミナル上で動くダンジョンゲームです。

言語はCを使用しています。(当時Cしか書けなかった)

 

これでもまだマシになった後の方で、最初はインデントもぐちゃぐちゃでした。後日談ですが当時のサークルの先輩は「こいつITで生きていけるのかよ…」と思ったらしいです(笑)

見せた1時間後には先輩が短くしてくれたコードをみてひどく興奮して、落ち込んだのを覚えています。

汚いコードですが、簡単な記述でそこそこ楽しくはできています。

しかし、今日これを掘り返してMacにてコンパイルと実行をしたら、なんと「体力回復しかしない。」というバグが発見されました。

ArchLinuxの方で同じソースでコンパイルして実行すると正常に動作します。

まさかのバグ発見でしばらく1人で笑ってました。

おそらくですが乱数生成がMacにおいて想定した通りに動いていないようです。

※追記:9/4 バグ修正しました。GetRandomを以下のものに置き換えてください。

 

最初は「動けば勝ち!」くらいで模試のフローチャートや、アルゴリズムの問題をCでコードに起こしたりしていたのを思い出しました。

Linuxの方には、まだまだIT入門初期に書いたターミナル上で動くミニゲームがたくさんあるのでまた紹介するかもしれないです。

にしても、コード見られるの恥ずかしいです…特に初期のダメダメコードは…。

記念すべき過去編、第1回が半分黒歴史の過去コード公開でしたが今後もネタがない時は過去編やると思うので、小馬鹿にするくらいで見ていただけると嬉しいです。

明日から学校なので学校でブログかける時は内容濃くなるかもです。

それではまた明日!

スポンサーリンク

C/C++

Posted by IshimiYusuke