2018年まとめ

December 31, 2018

1月〜3月

この時はWEBのサービスを新規で開発していて、平日は学校or出勤、土曜日はプログラミングの講師、日曜日は事業開発と休みがほぼ無かったのを覚えています。
師匠のところで自分の紹介した方が働き始め、どう立ち上がるか、自分のパフォーマンスを維持できるか、組織での成果をどう最大化するのかをすごく意識していました。
当時は師匠から大学の数学も教わっており、そういう本をたくさん買ってました。とにかく数学楽しくて。この楽しさは知れて本当に良かったです。
プログラム講師では自分が何を知って欲しいのか、何をやれば楽しく思ってもらえるかと人に教えるということを通して自分と深く向き合ったのを覚えています。
事業の方も0からユーザーをどう集め、どう数値をとり、上げ、サービスの中で人とお金の流れを作り、ループさせサービスが自然と大きくなるように設計するということを経験を通して学ぶことができました。
抱負は今検索したらこんなでした。

(成人式に参加するのを迷っててTwitterで「行け!」とメッセージもらって飛び出したのも懐かしいです。)

4月〜6月

春に応用情報を受けて、特に勉強することなく普段の事業開発や師匠のところでの業務の”普通の感覚”で解いたら受かったのが印象的でした。
また、スタートアップに初期メンバーとして参加をして、会社の立ち上がりと初期の開発、速度、熱量、戦略の大切さをこれまた実体験として学ぶことができました。このスタートアップでの速度と開発の落とし所を見つける、自分の工数を把握する、やりきる、課題をシンプルに自分のレベルまで落とす、ビジネスを考慮して開発、準備を行うなど様々なことを得られました。
学校の活動のハッカソンでも全部門制覇という実績を残せて嬉しかったのを覚えています。
私生活の方でもルームシェアを始めて日々の学びが一気に濃くなりました。(実家の神さを痛感しました笑)

師匠のところでも大きめの案件を広くこなすことが増えて、自信が多少ついたのを覚えています。
また学生社長と意気投合して一緒に走ったのですが結局うまく行かずに離れたのも自分にとっていい経験になりました。(会社の戦略、速度、熱量が自分のやる気にとても影響する)

7月〜9月

師匠のところに自分の紹介した方が参加をし、立ち上がりにすごく工夫をしました。師匠の会社で初の旅行で福島に行き、久しぶりに日本人のコンビニ店員を見たのを覚えています。
スタートアップの方はとにかく業務の効率化、自動化、追加の新規プロダクト作成と、3日とかで前提がひっくり返る中で開発がネックにならないように施策をなるべく早く実現すべく、必死に手を動かしてました。それでも成長速度が凄まじく就活前にこの企業を経験できたのは本当によかったと思ってます。
また、夏インターンの方も動いて面接の検証を回すのも自分の楽しみの1つでした。めっちゃ落ちましたけど笑
Flutterでアプリを作って大会で入賞できたのも達成感ありました。審査員より参加者からの反応が凄まじかったです。(プレゼン緊張して「よろしくお願いしました!」と言ったのが黒歴史)

9月にはビズリーチ のインターンに参加して、企画から開発、プレゼンまで行い、自分と違う背景をもつ初対面の学生と走ることの難しさや、組織が回った時の気持ちよさを存分に体感しました。(本当に楽しかったし、ビズリーチ めっちゃ惹かれた)
師匠のところも大きく詰まることがなくなり、確実に成果を出せる実感を持ったのを覚えています。サーバーとかフロントとかアプリとか広く見て書けるようになっていました。
あと、師匠の事務所が移転して渋谷になりました。最初は2人だった事務所が広くて玄関には靴が沢山あって、飲み会は真面目な話をしんしんとしてたのが、賑やかに笑いが起こるようになってと自分のことのように嬉しかったのを覚えています。(朝眠くても、渋谷のあの交差点の鉄のような匂い嗅ぐと体が覚醒するのも知りました)

10月〜12月

業務で作るツールの市場の中の人の気持ちがわからなくて人生初の営業をやりました。人が握る変数が多いし、エラーログ出ないし、再現性ないしで大変でした。しかし、ニーズを探る、意識をする、提案をするということは本当に勉強になりましたし、実際その後の開発でも大いに役に立っています。あとは自分がエンジニア楽しいってのも再認識できたのもよかったです。

あとは、ビズリーチ 落ちました。今思うとなんであんな検証をして、あんな話をしてしまったのだろうと思いますが、当時の僕は本気で受かりに行って本気であの検証を回していました。結構ショックでした。でもショックが大きいからこそ、この検証は本当に勉強になり3ヵ月後に大きな成果を出します。
スタートアップの方でも初期のプロダクトのリプレイスも完了して、開発は少し落ち着きました。と思ったら新規で事業を見れることになり一気にインプットと、機会と工数が到来しました笑。めっちゃ嬉しかったです。本気で自分の作りたい世界を意識して数値を考えました。結果、未熟さも痛感しました。お金の数値が本当に宙に浮いている感覚がありました。
あと、いろんな環境でのコミットに慣れてきたのか少し趣味とか遊びをする時間が作れるようになりました。Switchすげぇ!UX最高じゃん!と。1年間検証ばかり意識してきたからか、スマブラの上達が異常に早かったです。(あと、自分もう少しできた人間だと思ってましたが格闘ゲームやると醜い部分が出ますね…。)

まとめ

最初の豊富は達成できたと思ってます。やりたいことをやりたいだけやりたいようにやりました!本当に楽しくて早かったです。自分の関わる企業が大きく進展しましたが、その中で自分自身も多く学ばさせていただきました。各所、本当にお世話になりました。今年は事業動かしたりするのでまた濃いいぃぃぃインプットあると思うので1年後の自分が楽しみです。

最後に今年の抱負

  • 今の事業で作りたい世界を実現する。また年内に黒にする。
  • そして様々な方面で前例を沢山作る。
  • 社会人楽しみすぎるぅ!となるよう進路先を妥協なく開拓する。

今年もよろしくお願いいたします。


本音を見る?→Click!